診療案内 > 矯正のケース紹介

矯正治療のケース紹介

こちらでは矯正治療の代表的な例について紹介します。
各タイプをクリックすると説明にとびます。
手法の詳細については直接お問い合わせくだい。

受け口 出っ歯
八重歯 乱杭歯


下顎前突、反対交合(受け口)

下顎前突、反対交合(受け口)画像
下顎前突、反対交合横(受け口)画像下顎前突、反対交合横(受け口)ライン画像


年齢:25才(女性)
手法:非抜歯 / 拡大装置 / マルチブラケット装置 / 顎間ゴム(III級)
期間:10ヶ月
費用:40万から90万円程度

 下顎の歯が上顎の歯より前に出ている咬み合わせです。この噛み合わせは成長発育期の悪習癖が原因です。上顎が狭く、下顎の歯が上顎よりも前に出る事で上顎の成長を抑えてしまいました。下顎の成長は上顎より後になるので早期に治療しても、このような受け口の症例では、治療期間が長期に渡る可能性もあります。
 精神的にもコンプレックスを受けやすいため、日常、うつむきかげんになる方も多くみまれます。
 この症例では上顎の臼歯も逆の噛み合わせでした。そこで、上顎の裏側に拡大装置※1を付け、歯列を広げました。同時に唇側には上下顎にマルチブラケット装置※2を付けました。患者さんには顎間ゴム(V級ゴム)※3を使用して頂き、歯を抜くことなく治療しました。

拡大装置画像

顎間ゴム画像

▲ ページtopに戻る

上顎前突(出っ歯)

上顎前突(出っ歯)画像
上顎前突横(出っ歯)画像上顎前突横(出っ歯)ライン画像


年齢:21才(男性)
手法:上顎小臼歯2歯抜歯 / 上顎牽引装置 / 上顎急速拡大装置 / マルチブラケット装置 / 顎間ゴム(II級)
期間:1年5ヶ月
費用:40万から90万円

 上顎の歯が、大きく前に突出している咬み合わせです。通常、唇は上顎前歯の上を被っています。この症例では横顔を見ると口元が飛び出てしまい、突出が強調されてしまいました。時には唇で口をふさぎきれずに自然に口が開いてしまうことがありました。
 治療方針として、咬みやすくしたかったので、上顎の小臼歯2歯を抜歯して治療しました。また、右側の臼歯※4の噛み合わせが通常とは反対の噛み合わせになっていたので、上顎の歯列の幅を広げながらマルチブラケット装置を入れました。そして、前歯を効率よく後ろに下げていくために、就寝時だけ上顎牽引装置※5を使って頂きました。


臼歯画像 ※5
ヘッドギア画像

▲ ページtopに戻る

叢生、犬歯低位唇側転位(八重歯)

叢生、犬歯低位唇側転位(八重歯)画像


年齢:20才(女性)
手法:右上下顎小臼歯2歯の抜歯 / マルチブラケット装置 / 顎間ゴム(II級)
期間:9ヶ月
費用:40万から90万円

 上顎の犬歯(糸切り歯)が歯列から外側にとび出しているのを「八重歯」と呼びます。日本ではかわいい、と思われる方もいますが、グローバルスタンダードではありません。世界的には「ドラキュラの歯」「鬼の歯」と呼ばれ嫌われています。犬歯だけではなくその周りに隣接している歯にはブラシは届きませんので、虫歯や歯周炎の原因となります。また、左右の噛み合わせのバランスが悪いために顎関節症の症状を訴える方もいらっしゃいます。症例によっては、治療で歯を並べる隙間がないからといって、4歯、抜歯する医院もありますが、余計に歯を抜いて治療すると、かえって口元が貧弱になり老人のような顔貌になってしまうこともあり、注意が必要です。
 本症例ではマルチブラケット装置で弱い持続的な力を加えながら、犬歯を正しい位置に誘導しました。治療中は小さな輪ゴムを掛けて頂き、コントロールして整えました。

▲ ページtopに戻る

叢生、(乱ぐい歯)

叢生、(乱ぐい歯)画像


年齢:28才(女性)
手法:小臼歯4歯抜歯 / 上顎牽引装置 / マルチブラケット装置 / 顎間ゴム(II級)
期間:1年5ヶ月
費用:40万から90万円

 歯並びがデコボコになっている状態を叢生「乱ぐい」と言います。この症例では上下顎前突で、しかも乱ぐい状態なので、綺麗に並べ、且つ良く咬めるようにする為に、また、口元をスッキリさせるために小臼歯を4歯抜いて治療しました。口元の突出感も残さないようにするため上顎牽引装置を併用しました。
 当院では、矯正治療の為に抜歯するにしても可能な限り健康な歯牙を残す様に心掛けています。「明眸皓歯」(めいこうこうし)と言われる様に、笑顔で白い歯はやはり美人の証です。

▲ ページtopに戻る

>> 診療案内に戻る

TEL:03-5273-8841 診療時間

携帯サイト
野上歯科の携帯サイトができました。
詳しくはkaty.jp/nogami-dental QRコード




リンク